悪しきA型問題を考える会

悪しきA型問題を考える会 

日時 : 2014年 8月 30日(土) 14:00~17:00

場所 : 障害者福祉会館児童室

(※8/6追記 C会議室から変更になりました。)

(東京都港区 JR山手線田町駅近く)

参加費: 500円

内容 : ・各地からの報告

・問題の背景や分析

・具体的な改革の方法

主催: NPO法人 共同連

愛知県名古屋市北区大曽根4-7-28

TEL/FAX:052-916-5308  Mail: kyodoren@gmail.com

「悪しきA型問題を考える会」への参加呼びかけ
わたしたち共同連は1984年に生まれた団体で障害ある人とない人とが共に働き、自立する事業所づくりを積み重ねてきました。そうしたわたしたちにとって最近障害者総合支援法の就労継続支援A型事業を悪用する事例が急速に増大している状況はとても放置できるものではありません。

「悪しきA型」と呼ぶこれらの事例は明確にA型事業の給付金や助成金を活用して金儲けをたくらむ障害者福祉に巣食う貧困ビジネスといわざるをえません。

6月にNHKニュースは全国における給付金の不正受給の問題からそこにA型事業の悪用という問題があることを取り上げました。

これら「悪しきA型」は2010年頃から愛知県で始まったものが悪質なコンサルタント会社によって全国に普及しました。短時間雇用で簡単な作業しかさせず、補助金の一部で障害者の最低賃金を払い、経費をできるだけ切り詰め、金を浮かして儲けようとしています。手間のかかる障害者や文句を言う障害者は切り捨てられています。病気になっても出勤を強制されるなど問題だらけです。

これに対して、国や自治体行政は法にそってやられておれば問題ないと「適切な運用を」というものの、ほとんど野放し状態です。一昨年秋の給付金減額改定も「悪しきA型」の増大にストップをかけるものではありませんでした。

そこで、これ以上この問題を拡大させてはならないと考え「障害者の労働・人権」に関心をもつ様々な方々と共に団体の垣根を越えて行動を起こす必要があると考えます。

当日は、悪しきA型の現状はどうなっているのか、何が問題なのか、どう改革できるのかを一緒に考えたいと思っております。どうぞご参加ください。